医療給付費 2005年度45兆円に抑制

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
議員年金廃止法案 現職ベテラン受給の道残る
<< old
国民年金保険料 強制徴収を拡大 2005年度4倍の14万人

2006-02-04 ; 時事ニュース

〔2006年1月11日 日本経済新聞 (抜粋)〕
政府は拡大を続ける医療費を抑制するために検討していた医療給付費の将来目標を2025年度時点で45兆円程度にする方針を決めた。国民の保険料と税金を元手にする医療給付費は放置すれば、2025年度に56兆円に倍増する見通し。診療報酬下げや患者負担でこれを絞り込む。現在28兆円の医療給付は国民所得費では7.3%。2025年度には56兆円(国民所得費では10.5%)に増える。
〔2006年1月11日 日本経済新聞 (抜粋)〕
政府は拡大を続ける医療費を抑制するために検討していた医療給付費の将来目標を2025年度時点で45兆円程度にする方針を決めた。国民の保険料と税金を元手にする医療給付費は放置すれば、2025年度に56兆円に倍増する見通し。診療報酬下げや患者負担でこれを絞り込む。現在28兆円の医療給付は国民所得費では7.3%。2025年度には56兆円(国民所得費では10.5%)に増える。


 医療給付費の抑制は、我々の家計の負担増です。コンタクトレンズの保険適用外などが一例です。高齢社会、人口減に向けて、国のビジョンを示してもらいたいものです。このままでは、年金も抑制、医療給付も抑制、そして増税。将来がより不安になり、少子化をさらに進行するでしょう。



【参考】 : 大増税時代の到来!少子化問題

スポンサーサイト
Entry Status
New >>
議員年金廃止法案 現職ベテラン受給の道残る
<< old
国民年金保険料 強制徴収を拡大 2005年度4倍の14万人

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://fpnews.blog39.fc2.com/tb.php/18-784b8a96

国民所得国民所得(こくみんしょとく national income)とは、国民全体が得る所得の総額のこと。経済活動で生産された付加価値が配分されて個人や法人(経済主体)の所得となるから、これは付加価値の総額と捉えることができる。経済活動の規模を表わす指標である。使用目的 ...

経済学のことを知ろう : 2007-10-03 11:11

家計・暮しの気になる日記 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。